日々研鑽、日常の楽しいことを書くブログ

社会人エンジニア1年目が考える日々の研鑽、日常について書き、お互いに刺激しあえるようなブログを目指しています。

リモート飲みするならDiscord1択!!

お題「#おうち時間

こんばんは

今回は流行のリモート飲みについてサクッと書いていこうと思います。

コロナ禍により爆発的に流行しているリモート技術

中でもテレワークとリモート飲みがトレンドだと思います。

 

テレワークについては以前少し書いたことがあるかと思いますが、私も明日からテレワークが再開します。

とりあえず5月いっぱいまではテレワークが続きそうなのですが、ここで重要なのがテレワークでの過ごし方ですね。

これに関しては以下のブログで言及しているので割愛します。

 

www.taketake-1222.work

 

今回のメイントピックはリモート飲みです。

f:id:bamboomush:20200510215409p:plain

remote cheers

「おうち時間」の中でも特に重宝されているリモート飲みですが、皆さんはどのようなアプリを使用しているでしょうか。

Skype, Line, Zoomなど様々なツールが出ていますね。

中でも回線が安定していて、人気があるのはZoomだと思います。

また、5月からGoogle meetというのも出てきました。

 

ここでそれぞれのメリットを少し書きます。

Zoom

メリット
  • 回線が安定している
  • アプリなしでも(web)利用可能
  • バーチャル背景が使える
デメリット
  • 3人以上で利用すると40分で切れてしまう
  • 参加人数が多いと回線が不安定になったり、音声が不安定になったりする

Google meet

メリット
  • 100人まで無料
  • 制限時間なし
  • webのみでの利用が可能 (PCに限る)
  • Google Calenderとの連携ができる
デメリット
  • バーチャル背景がない
  • 回線が安定しない
  • 映像の解像度が低い

 

それぞれメリットデメリットがあることがわかるかと思います。

そんな中で私がお勧めしたいのはDiscordです。

app-liv.jp

とはいってもかくいう私もDiscordに関しては初心者であまり理解ができていないのですが、そんな私でも感動する機能がいくつかあります。

Discordの特筆すべき機能

  • チャットベースでサーバーに所属している人とであればいつでも通話が可能 ⇒ 招待の手間を省ける
  • サーバーの中で複数のチャンネルを作ることができる ⇒ 話したい人と二人だけで話したいときに新しくチャンネルを作って話すことができる
  • 誰がオンラインなのかが一目瞭然 ⇒ 約束をしていなくてもオンラインの人とすぐ飲み始められる

などなどこれ以外にもたくさんあると思います。

逆に手間なのはアプリをインストールしないといけない、登録しないといけないというところなのですが、その程度でこれだけの恩恵を得られるのであれば絶対にやるべきだと思うし、時間的に考えてもこちらの方が価値があると思います。

 

ということで、今回はサラッとDisicordについて紹介させていただきました。

今後、Discordの民が増えることを願っています。

app-liv.jp

f:id:bamboomush:20200510215330p:plain

cheers

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村